確かなものは「価値」と「信頼」

  • 50kw未満(小規模産業用太陽光発電システム)
  • 野立てでの太陽光発電
  • 工場・倉庫での太陽光発電
  • マンション・アパート・公共施設での太陽光発電
Panasonic(パナソニック) HITACHI(日立) SUNTECH(サンテック) SHARP(シャープ)
SOLAR FRONTIER(ソーラーフロンティア) TOSHIBA KYOSERA(京セラ) MITSUBISHI(三菱)

太陽光について・光エネルギーを電気エネルギーに変換する発電システムはCO2を排出されないので環境への負担を大幅に削減

太陽光発電システムのメリット

■50kw未満(小規模産業用)のメリット

小規模産業用システム写真
  • 設備の規模が小さいため、短期間で設置が可能。
  • 低圧連系の範囲で設置できるため、高圧連系に必要な機器を揃える必要がない。
  • ランニングコストが安くつく。
  • 主任技術者の選任や保安規定の届出が不要
  • 電力会社との接続協議などが不要、または軽微ですむ。
  

■ 野立のメリット

野立て発電
  • 活用できずにいた土地に太陽光を設置することにより、利益を生むことが期待できる。
  • 様々な架台が選択できるので少ない経費でのシステム導入も可能=大きな利回りも期待できる。
  • 農林水産省は、農地に支柱を立てて営農を継続する太陽光発電について、パネルを取り付ける支柱の基礎部分を一時転用許可の対象とするなどの取り扱いを決め、平成26年4月1日に公表したため、営農型勝電設備(ソーラーシェアリング)として、W収入が期待できる。
  

■工場・倉庫への導入メリット

工場、倉庫の屋根での発電
  • 屋根に設置することにより、夏は直射日光を遮り、冬には熱が逃げるのを防ぐ。
  • 余剰買電を選択すると工場や倉庫で使用する電気代の削減、全量買電を選択すると大きな利益収入と各企業の経営方針にあった活用ができる。
  • 太陽光発電の設置は、「社会的責任(CSR)とした環境問題に取り組んでいる」というPRにもなる。
  

■ マンション・公共施設への導入メリット

マンション、公共施設屋上での発電
  1. 供用部分に連系発電した電力のほとんどを売電に回せる場合がある。
  2. 自宅の同一敷地内にマンション・アパートがあればオーナー様の自宅に連系し、オーナー様の電気代が削減できる。
  3. 各戸の電源に活用すればマンション・アパート入居者様は月々の電気代を安く抑えることができます。この経済的なメリットをアピールし、他の賃貸住宅と差別化できるため、入居者を獲得しやすくなる。オーナー様の経営戦略に合わせてメリットの選択が可能になる。
  

導入の流れ

フロー